他人傷つけられて他人に救われる

「私が心地よければそれでいいじゃないか」自分ではそう思っているのに、なぜかそうならないよう、いらない情報が勝手に自分の耳のまわりをうろつく。

気づいたら自分の心も荒波が立ち、振り回されて、それが何度も何度も繰り返され、気づけば一人で踊り疲れている。

真実はひとつしかないのに、あれやこれやと思考を巡らし、仮説を幾つもたて、傷つかないように、どうか私が傷つかないようにとそればかり。

ひとつしかない真実すら、本当はどうでもよくて、真実を知るではなく、私だけの事実を作るだけでいい。

いまの私に必要なものはなに?私は自分が変わるために一番必要なものを毎日、毎日、毎日探している。

人に傷つけられ人にすくわれるあなたがあなたを守ってください。